紫陽花に学ぶ

紫陽花に学ぶ

6月に入り、お花屋さんの入り口を飾る色とりどりの紫陽花に心が躍ります。 紫陽花は 梅雨〜盛夏にかけて咲く日本固有の花で、"万葉集"にも詠まれるほど古くから親しまれています。青紫の美しい色彩と大きく存在感のあるその姿形が好まれ、文様としては江戸時代より工芸品に、現代では浴衣や着物にも用いら...

続きを見る
身近な存在の「麻の葉」

身近な存在の「麻の葉」

今回は吉祥文様のなかでも、よく目にする「麻の葉文様」についてお話しします。 正六角形の内側に六つの菱形が放射状に広がる幾何学模様で、麻の葉に形が似ていることから「麻の葉文」と呼ばれるようになり、麻の葉文様には邪気を払う力があるとされています。 麻は成長が早く丈夫なことから、子供が健やかに成長...

続きを見る
うまくいく「九頭馬」

うまくいく「九頭馬」

外出自粛が続き、誰しもが先が見えない不安に滅入ってしまいそうな日々が続いています。 この状況下、マイナスなことばかりが脳を占有しがちですが、思い返すとこんな今だからこそ、実はプラスの気づきをたくさん得ていたことを身をもって改めて実感していたのです。 どんな困難な時でも、全ては心構え次第でそ...

続きを見る
馴染みの深い唐草文

馴染みの深い唐草文

  今回は昔から愛された吉祥文様「唐草文」のお話しいたします。 唐草文様はほとんどの方が知っている馴染みのある文様の一つだと思います。 蔓や草が四方八方に絡まっている状態を表した文様です。 蔓草の力強くどこまでも伸びていく生命力から「繁栄・長寿」を意味します。 また、蔓(つる)の音読...

続きを見る
夫婦円満や家内安全を表す吉祥紋様"千鳥"

夫婦円満や家内安全を表す吉祥紋様"千鳥"

今回は吉祥寺店でも人気の「千鳥」文様についてお話したいと思います。 千鳥柄の歴史は古く、遡ること奈良時代には既に人々に親しまれていました。中でも「波千鳥」は、波を世間に例え、大波も小波も一緒に乗り越えていくという意味が込められており、夫婦円満や家内安全を表す吉祥文様です。ご夫婦への贈り物に...

続きを見る
想いや願いを込めた"吉祥柄"

想いや願いを込めた"吉祥柄"

今回は、"吉祥"そのものの言葉の由来について、お話させていただきます。 まず改めて読み方ですが…"吉祥"は「きちじょう」や「きっしょう」と読みます。その意味は…・幸福、繁栄を意味する言葉。・幸先のよいこと。・よいことが起こる前兆。・この上なく縁起のよいこと。 文字の成り立ちについて...

続きを見る
「糸」へんに「吉」と書いて”結”

「糸」へんに「吉」と書いて”結”

  - 結 ー(ゆい・むすび) 馬や達磨と並び吉祥柄として、お店で人気の文様です。 「結」の字体の成り立ちは、「糸」へんに「吉」と書きますね。「吉」は、「祈りが叶う、優れている、めでたい」などの意味をもっています。その横に「糸」を添えた「結」という字は、念願がかなった「吉」の状態を結...

続きを見る
清めることは整えること

清めることは整えること

街を歩いていて飲食店などの入り口で盛り塩を見た事がある、という方も多いかと思います。 盛り塩は中国発祥説と日本発祥説があるようです。 【中国発祥説】1300年前の中国。王・武帝が後宮にいる女性を訪ねる際(女性がたくさんいるので)誰のところに行くかを羊(牛説もあり)に決めさせた。そこで...

続きを見る
早く、まっすぐ、美しく

早く、まっすぐ、美しく

春になり、スーパーに筍が並び始めます。(竹の産地・種類により、3月から5月ぐらいに収穫されるそうです) 今回は縁起物としての「竹」のお話です。 ー早く、伸びるー 成長のピーク時、中には一日で1mちかくも伸びることもあるという竹。 「筍」の字は「竹」と「旬」に分けられますが、「旬」は約10日...

続きを見る
平和な旅路を願う文様”ツバメ”

平和な旅路を願う文様”ツバメ”

暖かい日も多くなり、いよいよ春到来という季節になってまいりました。そこで今日は、「春告げ鳥」とも呼ばれる「ツバメ」にまつわる縁起のお話をさせていただきたいと思います。 毎年3月〜5月にかけて南方から日本へと渡ってくるツバメは、長い道のりを旅する渡鳥であることから、平和な旅路を願う文...

続きを見る
長寿を象徴する代表的な花”菊”

長寿を象徴する代表的な花”菊”

国を代表する花"菊"。見た目も美しく芳しい香りがする菊は、長寿を象徴する代表的な花。菊を描いた文様は、ご存知のように吉祥柄"菊紋"として古くから愛されています。 本日はその"菊紋"について、少しお時間を頂戴出来たら、と思います。 皇室の紋章としても使われている菊は、昔から高貴な花として位...

続きを見る
人と人との和のを表す”七宝”

人と人との和のを表す”七宝”

    吉祥柄を軸に展開をしている当店では、懐かしそうに愛おしそうに商品をじっくりと手に取られる高い年齢層の方から、この柄可愛い!と新鮮に受け止め喜んでくださる若い女性のお客様まで、吉祥柄の商品はどの世代にも喜ばれています。 中でも七宝柄は、心和やかに、晴れやかになるだけでなく、見れば見る...

続きを見る
6つ揃って無病(六瓢)息災。”瓢箪”について

6つ揃って無病(六瓢)息災。”瓢箪”について

  連日報道されておりますように、新型コロナウィルス感染拡大は留まるところを知りません。そんな中、吉祥のレンでも、ギフトに自家用にと"縁起もの"を求めて来店される方が多くいらっしゃいます。そこで今回、「3つ揃って三拍(瓢)子で縁起良し、6つ揃って無病(六瓢)息災」、皆さん十分ご承知の"瓢箪"...

続きを見る