• 『百人一首の日』

    『百人一首の日』
    5月27日は「百人一首」の日 だそうです。 1235年に藤原定家が 百人一首を撰したのが この日といわれます。 天智天皇の時代から順徳院の時代の間の 歌人100人が詠んだ歌を一首ずつ選出して まとめたものが百人一首です。 何年か前に、競技カルタを モチーフにした漫画が人気となり 映画化もされたことで 百人一首に興味を持つ人も 増えたのではないでしょうか。 暦の上では今は夏。 実は百人一首の中で 夏の歌というのは 意外にも4首しかありません。 その4首の中から初夏の歌をひとつ ご紹介いたします。 ほととぎす 鳴きつる方をながむれば ただ有明の月ぞ残れる ホトトギスは 夏の到来を告げる 渡り鳥。 5月頃に 日本にやってきます。 夜に鳴くこともある鳥です。 「時鳥」「不如帰」 「子規」「杜鵑」など たくさんの字があてられます。 歌人にも愛され、 歌にも多く詠まれてきた鳥です。 平安時代、その初鳴きを聞くと 大変縁起がよいという説があり、 また雅な事とされたようです。 作者は 後徳大寺左大臣。 藤原定家のいとこです。 先の歌は 後徳大寺左大臣がホトトギスの声を 聞こうと夜を明かし、 詠まれたであろう一首です。 歌うような鳴き声。 見上げるとそこに ホトトギスの姿はなく ただ月だけが輝く。 平安時代の優雅な文化を 知ることができると同時に、 とても立体的に自然の情景を 感じられる歌ですね。 初夏を、 季節を感じる感性を 教えてもらえたような 気がします。 豊かな時間というのは豊かな感性が もたらすものかもしれません。
  • 『 小満 』

    『 小満 』
    まもなく、二十四節気の八番目 「小満」(しょうまん)です。 今年は5月21日から6月4日頃となります。 江戸時代に出版された暦の解説書ともいえる 暦便覧には 万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る とあります。 様々なものが満ちてきて自然の力、 成長の力が充実してくるイメージでしょうか。 七十二侯をみてみますと 初候 【蚕起食桑】 かいこおきてくわをはむ 絹糸のもととなる繭を作る“おかいこさま”が 桑の葉をたくさん食べて成長する季節。 次候【紅花栄】 べにばなさかう 染料や油がとれる紅花の花が咲く頃。 末候【麦秋至】 むぎのときいたる 麦にとっての実りの季節。 麦の穂が黄金に輝きます。 蚕を育てる養蚕は人々の暮らしを支える たいへん重要な産業で、養蚕が盛んだった土地では 蚕が無事に成長しよい繭が取れるのを 神社でお祈りしました。 蚕を食べてしまうネズミの被害を避ける為 ネズミが嫌う 【猫】 【蛇】 【ムカデ】 に縁起を担いだそうです。 蛇を使いとする弁財天や宇賀神も 養蚕の神様とされ、 また 毘沙門天の使いである ムカデも信仰をあつめたとか。 いつもは福を“招く”猫も おかいこさまにとっては ネズミを“招かない”猫の 役目を担っていたのですね。
  • 『愛鳥週間』

    『愛鳥週間』
    5月の清々しい青空をツバメが軽やかに 線を描くのを見ると自分の心も 解き放たれたような気持ちになります。 5月10日からの 一週間は愛鳥週間です。 鳥類保護連絡協議会が 作ったもので起源はアメリカの 「バードデイ」にあり、 それに習って日本でも定められたそうです。 はじめは 1947年に4月10日を鳥の日としましたが その後 もう少し暖かくなって鳥が活発になる時期が 良いだろうと5月10日に変更。 1950年からは現在と同じ 10日から16日までの一週間となりました。 野鳥や 野鳥をとりまく環境の 保護を考えていきましょう というのが目的であり、 表彰式やシンポジウムが開催されたり ポスターのコンクールや標語の募集などが 行われたりしています。 私たちのまわりにはたくさんの鳥がいますが 愛鳥週間にちなみ、今日は 縁起の良い意味を持つ鳥たちを いくつかご紹介しましょう。 【ツル】 長寿、夫婦円満。 【ツバメ】 幸運、無病息災、 商売繁盛など。 【ウグイス】 幸せの到来。 【スズメ 】 五穀豊穣、豊かさ。 【フクロウ】 「不苦労」といわれる。 また金運上昇、知恵の象徴。 【ウズラ】 「御吉兆」と鳴くといわれ 出陣前の縁起担ぎに。 【チドリ】 家内安全、夫婦円満。 また勝負祈願の意味も。 【クジャク】 子孫繁栄、厄除け。 【キジ】 家庭円満。 【シラサギ】 幸運のおとずれ。 【オシドリ】 夫婦円満。 【オウム】 家庭円満。 鳥たちの仲睦まじい姿が印象深いからなのか 家庭的な意味をもつものが多いですね。 様々な鳥が見られる季節。 時には家族で空を見上げ、 また その声に耳を傾けてみませんか。
  • 『 鯉のぼり 』

    『 鯉のぼり 』
    男の子の健やかな成長を願う端午の節句。鎧兜や五月人形、鯉のぼりを飾ってお祝いします。節句の行事は平安時代からあったそうですが武家の間で端午の節句に用いられた【厄払い】の意味を持つ「菖蒲」が「尚武」と結び付けられ【立身出世】を願う行事となり玄関にはのぼりなど旗を飾ったそうです。江戸時代の中期にはこの武士たちの風習を庶民たちが行うようになりました。町人によってのぼりが鯉のデザインに変えられこれが広まって、次第に大型化していったのが鯉のぼりのルーツといわれます。鯉のぼりは中国の「登竜門」の故事(※)をモチーフとして、日本の町民によって生み出されたものなのです。(※)登竜門黄河の上流にある滝、竜門。高くて流れの速いこの滝をのぼると竜になれるという。多くの魚たちが挑むも、のぼれたのは鯉だけだった。鯉は竜に姿を変え、天を舞った、という話。鯉の滝登りは【立身出世】の象徴とされる。五色の吹き流しや矢車には【魔除け】や【神様への目印】などの意味があるといわれますが元々、鯉は黒い真鯉の一色だけだったのをご存じですか。その後、赤い緋鯉が加わりますが昭和初期には緋鯉=男児を表すものだったのが今は緋鯉=母親に変化しています。そして子供を表す青や緑、紫やピンクなどカラフルなものが見られるようになっていますよね。鯉のぼりの歴史が日本の家族観の変化を表しているようでおもしろく感じます。大空を泳ぐ鯉のぼり。あたたかい家族の象徴ともいえるのではないでしょうか。
  • 『 百花の王 牡丹 』

    『 百花の王 牡丹 』
    豊年の兆しとなる花、おめでたい花のことを 「瑞花」(ずいか)といいます。 晩春から初夏に花を咲かせる牡丹も瑞花として 人々に好まれてきた花です。 枕草子にも登場するなど多くの芸術家、歌人に愛され 文様としても着物や器、家具など様々なものに描かれてきました。 原産地は中国。 元々は薬用として利用され、根の皮は漢方薬の原料となります。 牡丹の「丹」には 【不老不死】 をもたらす「仙薬」の意味があるといわれるのもうなずけます。 牡丹は 【幸福】 【高貴】 【富貴】などを象徴し 【不老長寿】の意味も持つのです。 牡丹にはたくさんの別名がありますが 【百花の王】という名は豪華な牡丹に ぴったりではないでしょうか。 【唐獅子牡丹】が 描かれている美術品を見たことはありませんか。 「百獣の王」と「百花の王」の組み合わせは 大変縁起がよいとされるのです。 獅子が唯一恐れている体内に住む虫。 獅子の命を奪うとされるこの虫は牡丹の花の夜露にあたると 死んでしまうため獅子にとって、牡丹の側が 【安らぎの場所】 なんだとか。 先日、とあるお庭で牡丹が咲いているのを見ましたが 百花の王のパワーをいただいたような気持ちになりました。 牡丹は華やかなだけでなく包容力のある花なのだと 感じますね。
You have successfully subscribed!
This email has been registered
ico-collapse
0
最近見た
商品
ic-cross-line-top
Top
ic-expand
ic-cross-line-top