• 『 鯉のぼり 』

    『 鯉のぼり 』
    男の子の健やかな成長を願う端午の節句。鎧兜や五月人形、鯉のぼりを飾ってお祝いします。節句の行事は平安時代からあったそうですが武家の間で端午の節句に用いられた【厄払い】の意味を持つ「菖蒲」が「尚武」と結び付けられ【立身出世】を願う行事となり玄関にはのぼりなど旗を飾ったそうです。江戸時代の中期にはこの武士たちの風習を庶民たちが行うようになりました。町人によってのぼりが鯉のデザインに変えられこれが広まって、次第に大型化していったのが鯉のぼりのルーツといわれます。鯉のぼりは中国の「登竜門」の故事(※)をモチーフとして、日本の町民によって生み出されたものなのです。(※)登竜門黄河の上流にある滝、竜門。高くて流れの速いこの滝をのぼると竜になれるという。多くの魚たちが挑むも、のぼれたのは鯉だけだった。鯉は竜に姿を変え、天を舞った、という話。鯉の滝登りは【立身出世】の象徴とされる。五色の吹き流しや矢車には【魔除け】や【神様への目印】などの意味があるといわれますが元々、鯉は黒い真鯉の一色だけだったのをご存じですか。その後、赤い緋鯉が加わりますが昭和初期には緋鯉=男児を表すものだったのが今は緋鯉=母親に変化しています。そして子供を表す青や緑、紫やピンクなどカラフルなものが見られるようになっていますよね。鯉のぼりの歴史が日本の家族観の変化を表しているようでおもしろく感じます。大空を泳ぐ鯉のぼり。あたたかい家族の象徴ともいえるのではないでしょうか。
  • 『 百花の王 牡丹 』

    『 百花の王 牡丹 』
    豊年の兆しとなる花、おめでたい花のことを 「瑞花」(ずいか)といいます。 晩春から初夏に花を咲かせる牡丹も瑞花として 人々に好まれてきた花です。 枕草子にも登場するなど多くの芸術家、歌人に愛され 文様としても着物や器、家具など様々なものに描かれてきました。 原産地は中国。 元々は薬用として利用され、根の皮は漢方薬の原料となります。 牡丹の「丹」には 【不老不死】 をもたらす「仙薬」の意味があるといわれるのもうなずけます。 牡丹は 【幸福】 【高貴】 【富貴】などを象徴し 【不老長寿】の意味も持つのです。 牡丹にはたくさんの別名がありますが 【百花の王】という名は豪華な牡丹に ぴったりではないでしょうか。 【唐獅子牡丹】が 描かれている美術品を見たことはありませんか。 「百獣の王」と「百花の王」の組み合わせは 大変縁起がよいとされるのです。 獅子が唯一恐れている体内に住む虫。 獅子の命を奪うとされるこの虫は牡丹の花の夜露にあたると 死んでしまうため獅子にとって、牡丹の側が 【安らぎの場所】 なんだとか。 先日、とあるお庭で牡丹が咲いているのを見ましたが 百花の王のパワーをいただいたような気持ちになりました。 牡丹は華やかなだけでなく包容力のある花なのだと 感じますね。
  • 『ゆく春 、穀雨。』

    『ゆく春 、穀雨。』
    二十四節気の6番目にあたる 「穀雨(こくう)」 春季最後の節気で今年は4月20日から 5月4日頃となります。 調べると 「田畑の準備が整い 春の雨が降る頃」 とあり、 暦便覧には 「春雨降りて 百穀を生化すればなり」 と記されています。 作物を潤して成長を促す雨。 「百穀春雨」ともいわれ、 穀雨は 農家が種まきをする目安の時期です。 次に穀雨の間の 七十二侯をみてみましょう。 【葭始生】 (あしはじめてしょうず) 4月20日から24日頃。 水辺に茂る葭が芽を出します。 【霜止出苗】 (しもやみてなえいずる) 4月25日から29日頃。 霜が降りなくなる頃。 稲が苗代で育ちはじめます。 【牡丹華】 (ぼたんはなさく) 4月30日から5月4日頃。 “百花の王”と呼ばれる 牡丹が花を咲かせます。 桜の季節が 足早に過ぎたかと思えば 雨が降るごとに 草木の緑が輝きを増す晩春。 八十八夜は 立春から数えて88日目のことですが 穀雨の終わる頃になります。 今年は5月1日です。 “夏も近づく”季節の到来。 行く春を身体いっぱいに 感じたいですね。
  • 『良縁を願う 蛤 貝桶』

    『良縁を願う 蛤 貝桶』
    春が旬の食材といえば 鯛、筍、キャベツに玉葱… 蛤(はまぐり)も春が美味しい季節です。 蛤は縁起の良い食材といわれ雛祭りや、結婚式でも お吸い物などにしてふるまわれたりしますよね。 その理由を探ってみましょう。 平安時代に起源があるといわれる 「貝合わせ」 という 格式の高い遊びが貴族たちの間で行われていました。 二枚貝である蛤の貝殻を一片ずつに分け、 たくさんの貝殻の中から組になっていた殻を 見つけるのです。今でいうカルタやトランプの神経衰弱のような 規定ですね。 殻の内側には和歌の上の句下の句や 対となる絵が描かれています。 元々対になっていた貝殻しかピッタリと合わさることがない、 という性質が利用された遊びです。 「対となるものしか合わない」 この事から 蛤には 【夫婦円満】 【夫婦和合】 【良縁に恵まれる】 という意味があるのです。 また 貝合わせの蛤を入れておく 「貝桶(かいおけ)」は 蒔絵などの美しい装飾が施され 江戸時代には公家や大名の 嫁入り道具の一つでした。 婚礼の行列でも先頭で運ばれるなど とても重要なものとされたそうです。 今でも雛人形の飾り道具にもなっていますし 蛤と同じく貝桶の柄も縁起の良い模様として 着物などに描かれます。 蛤や貝桶には 大切に大切に育てた娘に どうか 【幸せになって欲しい】 という親心が込められているのですね。
  • 『 桜餅 』

    『 桜餅 』
    春の和菓子といえば思い浮かべるのが桜餅。 かわいらしいピンク色に桜の豊かな香り。 私も大好きなお菓子です。 桜餅には大きく分けて “関東風”と“関西風”の二種類あるのですが 今日はそれぞれのルーツをご紹介したいと思います。 〈長命寺〉 関東風の桜餅はこちらの門前で売られたものが 始まりといわれます。 東京都墨田区にある長命寺。 江戸時代、この寺の門番 山本新六が売り出したそうです。 小麦粉や白玉粉などを生地にして焼いた薄皮に 小豆餡をのせて折るようにして巻いた形です。 長命寺は 将軍家光が軽い病になりここで休んでいた時 境内の井戸水を飲んだところ治癒したことから その水を長命水と名付け、 寺の名前も長命寺と変えたといわれます。 〈道明寺〉 大阪府にある道明寺で作られたという 道明寺粉。 もち米からできています。 この粉を使った生地などで餡を丸く包んでいるのが “関西風”の桜餅です。 道明寺は 594年、聖徳太子の発願によって 土師氏が創建した土師寺が前身といわれます。 平安時代には菅原道真の叔母が この寺にいたそうです。 道真が左遷されると叔母は大宰府に向けて ご飯をお供えしますが、 お供えを分けてもらった人々の間で、 このご飯が病を治すと評判がたち 考案され作られるようになったのが 道明寺粉のルーツだという一説があります。 そして 道真の死後、寺は道明寺と名を改められ、 明治に現在の場所となりました。 徳川家光の病を治したといわれる 長命寺。 菅原道真と大変ゆかりの深い 道明寺。 桜餅には 健康長寿や学業成就の ご利益があるかもしれませんね。
You have successfully subscribed!
This email has been registered
ico-collapse
0
最近見た
商品
ic-cross-line-top
Top
ic-expand
ic-cross-line-top