吉祥のレン 公式オンライン

贈り物は「贈ってうれしい」「もらってうれしい」
一度に二人が幸せになるとても豊かなやりとりです。

あなたの想いに一歩寄り添った贈り物を、

見つけるお手伝いをさせてください。

もっと世の中に贈り物が増えますように。
世の中がもっと幸せで溢れますように。

あなたの想いに一歩寄り添った贈り物を、

見つけるお手伝いをさせてください。

贈り物は
「贈ってうれしい」「もらってうれしい」
一度に二人が幸せになる
とても豊かなやりとりです。

もっと世の中に贈り物が増えますように。
世の中がもっと幸せで溢れますように。


贈り物をさがす

『霜降のころ』

『霜降のころ』

もうすぐ二十四節気の第18節「霜降」(そうこう)を迎えます。今年は10月23日です。江戸時代に書かれた暦の解説書暦便覧には「つゆが陰気に結ばれて霜となりて 降るゆへ也」とあります。雨露が冷気にあたり霜柱ができるという意味です。七十二候はこちらのとおり。初候【霜始降】(しもはじめてふる)昔、霜は雨のように空から降ってくると思われていたそうです。次候【霎時施】(こさめときどきほどこす)時雨が降る時期です。動物たちも冬支度を始めます。末候【楓蔦黄】(もみじつたきばむ)山が色づいてくる頃。美しく染まる木々が私たちを魅了します。ところでこちらのコラムに度々登場する百人一首ですが中でも私の好きな一首が秋の歌。伝説の歌人ともいわれる猿丸太夫によるこの一首、 奥山に 紅葉踏みわけ鳴く鹿の 声きく時ぞ 秋は悲しきです。 人里離れた山奥。 赤や黄色の鮮やかな 落ち葉の絨毯の上を 美しく立派な角をもった 一頭の雄鹿が歩いてくる。 そして雄鹿は、 離れ離れになってしまった 雌鹿を呼ぶかのように 天を仰いで高く鳴くのだ。 その声を聞いていると 秋はとても悲しい季節だと 感じられる。貴族らしい感性の歌ですが、視覚、聴覚だけでなく、嗅覚や触覚をも刺激するかのようで、味わい深い歌だと思うのです。今月の上旬は夏日が続いたりしてあまり実感しませんが「霜降」のころが終われば暦の上では「立冬」となります。秋は気づけばあっという間に過ぎていく季節かもしれません。五感で存分に感じてみましょう。
もっと読む
『あけび』

『あけび』

実りの秋。あけびは秋に実をつける、本州、四国、九州の山野に自生する植物です。楕円形の実は熟すと黄褐色やグレーがかった紫色に色づき縦に割れて、その割れ目から白い果肉と黒い種をのぞかせます。名前の由来には、熟してぱっくりと割れる様子から→「開け実」=「あけび」だとか→「あくび」=「あけび」といったように諸説あるようです。実はもちろんおいしくいただけます。また新芽を山菜として、おひたしにしたり乾燥させた葉をお茶にしたり種から油をとったりすることもできます。茎も実も薬草で、漢方などに用いらているそうです。さらに、その蔓は籠などの工芸品に加工されますしあけびは私たちに様々な恵みを与えてくれる植物だとわかりますね。あけびの花言葉のひとつ「才能」はこうした用途の幅広さにちなんでいるのです。仏教にでてくる魔除けの力を持った「吉祥果」とはザクロのことだといわれますがあけびも「吉祥果」にあてはまるのではないか、とおっしゃる方もいるようです。確かに蔓性であることや、たくさんの種子を持つこと「開け実」という名前からも縁起の良さが感じられます。行楽シーズン、山歩きで、あけびを見つけたら何かいいことありそうですね。
もっと読む
『寒露のころ』

『寒露のころ』

温かい飲み物でほっと一息つく。そんなひと時を過ごしたい季節になりました。10月8日に二十四節気の17節目「寒露」となります。江戸時代に発行された暦便覧には「陰寒の気に合つて露結び凝らんとすれば也」とあります。寒露というのはこの時期野草につく冷たい露です。本格的な秋となり農家では五穀の収穫を迎え、北国では紅葉が美しく深まります。では七十二候をみてみましょう。初候【鴻雁来】(こうがんきたる)雁は渡り鳥で冬を日本で過ごし、温かくなると北へ戻っていきます。次候【菊花開】(きくのはなひらく)菊は「不老不死」「無病息災」「邪気払い」など縁起の良い意味を持ち、日本人にとって特別な花です。末候【蟋蟀在戸】(きりぎりすとにあり)ここでいわれる蟋蟀はツヅサレコオロギのことだといわれます。鈴の音のように鳴く虫です。「ツヅサレ」とはその鳴き声を、「綴れ刺せ」と表したものとされ「冬に向かって衣類の手入れをしましょう」と鳴いているのだそうです。ツバメも姿を消し、黄金色に染まる田園。美しく輝く月に、虫たちの声。趣ある秋の空気をじっくりと味わいたいものです。
もっと読む
You have successfully subscribed!
This email has been registered
ico-collapse
0
最近見た
商品
ic-cross-line-top
Top
ic-expand
ic-cross-line-top