吉祥のレン 公式オンライン



いつも吉祥のレンオンラインストアをご利用いただき、誠にありがとうございます。
ショップ営業日・お問い合わせについては以下ご確認くださいませ。 詳しくはこちら

贈り物は「贈ってうれしい」「もらってうれしい」
一度に二人が幸せになるとても豊かなやりとりです。

あなたの想いに一歩寄り添った贈り物を、

見つけるお手伝いをさせてください。

もっと世の中に贈り物が増えますように。
世の中がもっと幸せで溢れますように。

あなたの想いに一歩寄り添った贈り物を、

見つけるお手伝いをさせてください。

贈り物は
「贈ってうれしい」「もらってうれしい」
一度に二人が幸せになる
とても豊かなやりとりです。

もっと世の中に贈り物が増えますように。
世の中がもっと幸せで溢れますように。


贈り物をさがす

『今日も麦茶を飲む』

『今日も麦茶を飲む』

厳しい残暑。家に帰って一息つくとき冷やしておいた麦茶を飲む。麦茶が体に染みわたるようです。一般的に麦茶は大麦からつくられます。大麦は縄文時代末から弥生時代のはじめ頃に日本に伝わったといわれます。そして平安時代には大麦を焙煎し、粉にしたものを湯にとかして飲んでいたようです。現在の麦茶ともかなり似ていますよね。江戸時代になると麦茶は「麦湯」とよばれ庶民にも親しまれました。この頃は煎茶がまだ高価だったこともその理由のひとつでしょう。江戸後期には「麦湯店」も出て麦湯と甘味を一緒にいただくなどにぎわっていたようです。このように昔から親しまれている麦茶の特徴といえばその香ばしい香りと癖のない味。苦味の成分でもあるカフェインやタンニンを含んでいないため、小さな子供さんにも安心です。またカリウムの利尿作用により体にたまった熱が排出され、香り成分のアルキルピラジンは血液の流れを良くし、アミノ酸のGABAは血圧を上昇させる物質の分泌を抑えるといわれます。ちなみに麦の穂は【豊作】や【成果】を象徴し、中国では「大麦」と「大売」の発音が同じであることから【商売繁盛】をあらわすといわれます。大麦(花麦)の花言葉は【富】【繁栄】【希望】など。麦茶は夏にぴったりですがむしろ一年中飲みたい飲み物ともいえるのではないでしょうか。
もっと読む
『かき氷』

『かき氷』

厳しい暑さが続く毎日。立っているだけで汗が噴き出してきます。そんな時に街で見つけた「氷」と描かれたあの旗。思わず店に吸い込まれそうになります。毎日でも食べたいかき氷ですが昔は氷自体が大変高価なものでかき氷も庶民が食べられるものではなかったそうです。ところが明治時代に変化が起こります。中川嘉兵衛というひとが安い氷を普及させようと奮闘します。運搬ルートの整備など、氷を運ぶにはお金も時間もかかることが一番の問題でした。そして苦労の末たどり着いたのが北海道の五稜郭。当時の五稜郭外堀には純度の高い厚みのある良い氷が大量にとれ、また輸送には函館港の大型蒸気船が利用できることで問題をクリアできました。中川嘉兵衛と「函館氷」のおかげで庶民もかき氷を食べられるようになったのです。ところがこの成功を見て不衛生な氷でかき氷を売る者たちが現れます。これを取り締まるため政府は氷の業者に衛生検査を導入。合格した業者に配られたのが「氷」と描かれた旗でした。当時の旗には産地や販売者名が載せられていたそうです。今私たちが街でみかけるあの旗はこの、いわば「営業許可証」のなごりだったのですね。また「氷旗」にはしばしば【波に千鳥】がデザインされています。波は北海道から蒸気船で海を越えて氷を運んだことをイメージしたもので、千鳥は日本の伝統的な模様を使い清涼感を表したものだといわれます。【波に千鳥】は「組み合わせのよい二つのもの」です。世間の波を一緒に乗り越えていく意味があり【家内安全】や【夫婦円満】を、さらに「千鳥=千取り」の語呂合わせで【勝運祈願】をあらわします。暑い日はかき氷を食べて体も心もクールダウン。それが【家内安全】にもつながるかもしれません。
もっと読む
『箸の日』

『箸の日』

毎日使うお箸。我が家でもそうなのですが家では自分専用のお箸を使っているという方は多いのではないでしょうか。手で持ち、口に運ぶ。心のどこかで、お箸は自分の体の一部のような、少し大げさかもしれませんがそんな感覚がもしかしたらあるのかもしれません。だからなのか自宅で使用しているお箸を処分するときなんとなく躊躇してしまう。そんな経験はありませんか。8月4日は「8(ハ)4(シ)の日」です。この日に合わせてお世話になったお箸をお焚き上げする「箸供養」を行う寺社があるそうです。郵送などで受け付けてくれるところもあるようで、捨てるのに抵抗がある場合はこういったものを調べてみるのもいいかもしれません。東京の永田町にある日枝神社も箸供養が行われる神社のひとつ。残念ながら今年は感染症対策のため中止とのことですが本来ですと「箸感謝祭」が行われお箸への感謝と【延命長寿】【無病息災】が祈念されます。お箸は食の道具であることからこのように【健康】【長寿】の他にも人を結びつける【橋渡し】の意味や二本一組であることから【家内安全】や【夫婦円満】を願う意味があるといわれます。日本の文化、生活に昔から深く根付いているお箸が【心が伝わる贈り物】としてもたいへん人気があるのは納得ですね。私はもう10年以上、今のお箸を使っているのでお焚き上げまではしないとしても、古いお箸には感謝の気持ち伝えてから新しいお箸を迎えたいと思います。
もっと読む
You have successfully subscribed!
This email has been registered
ico-collapse
0
最近見た
商品
ic-cross-line-top
Top
ic-expand
ic-cross-line-top