秋の訪れ禾乃登-五穀豊穣‐|吉祥のレン公式オンライン

皆様は秋の訪れに何を思い浮かべますか?

 

七十二候では、9/2~9/6を禾乃登(こくものすなわちみのる)と言い、秋の訪れは実りの季節、『五穀豊穣』とされています。

 

日増しに稲穂の先が重くなって垂れ、少し色づきはじめる...そんな秋の情景を禾乃登は表しています。

 

しかし、稲穂が実りはじめるこの時期は台風、野分の季節でもあります。

風をおさめ、豊作を祈る風鎮祭を行う地域も少なくありません。 

 

2020年は農家の方含め、例年とは違った年になった方がほとんどではないでしょうか?

 

それでも力強く五穀は実り、私たちの生活を豊かに、彩りを与えてくれます。

五穀豊穣のように、私たちの心も豊かに実る秋になりますように。

 

吉祥のレンで取り扱っている五穀豊穣の意味のある商品一覧はこちら

七十二候(しちじゅうにこう)
とは
古代中国で考案された季節を表す方式のひとつ。

二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと。