江戸切子 切子文様文鎮(3種)
江戸切子 切子文様文鎮(3種) レンズや眼鏡などに用いれられる光の屈折が美しく透明度の高い光学ガラスに、昔から愛される江戸切子の紋様が施されています。ピュアな素材とシンプルな美しさの紋様が出会って生まれたモダンな文鎮です。側面に反射した模様の煌めきや、切子面を撫ぜた時の手触りを楽しんでいただけます。 透明な色合いはどんな景色にも馴染みますので、デスクワークのお供、書斎のアクセントとしてご利用いただけます。もちろん、プレゼントにもおすすめです。 ・七宝 円を重ねてできる模様が広がる七宝柄。 円満や平和を意味する輪がずっと広がる縁起の良い模様です。 ・菊繋ぎ 細かいカットの交差が、不老長寿を意味する菊の花に見えることからつけられた名前です。 「きく」の音は「喜久」とも書けることから、喜びを久しく繋ぐという意味も持っています。 ・六角龍目 竹龍の網目によく似ていることからついた名前で、端正な佇まいが人気の柄です。 昔から、幾何学的にどこまでも続く篭の網目「かごめ」模様は、魔除けになると云われ様々な装身具に施されています。 サイズ:6cm × 8cm × 2cmH 生産:日本製 注意事項:商品の色はご覧頂くPC環境によって多少異なりますのでご了承ください。
¥8,000
お気に入りリストに追加する
江戸切子 漆硝子文鎮(2種)
江戸切子 漆硝子文鎮(2種) 光の反射が美しい光学ガラスと底に溶け合うような漆に切子を施すと、硝子の塊に不思議な屈折が起こります。江戸切子の職人が硝子に漆塗りを施す技術に優れた福島の会津塗と出会い、美しい素材が誕生しました。伝統工芸を身近に楽しむ文具です。 文様が美しくモダンに光ります。 紙を扱う機会の多い方にひと味違った贈り物として最適です。 ・矢来 矢来とは日本の家屋などに用いられた、竹や木を編んだ柵のことです。 きりっとした直線が垂直に交わる、シンプルながら力強い文様です。 ・七宝 円を重ねてできる模様が広がる七宝柄。 円満や平和を意味する輪がずっと広がる縁起の良い模様です。 真ん中に星を加えて、華やかにアレンジされています。 サイズ:3cm × 18cm × 2.6cmH 生産:日本製 注意事項:商品の色はご覧頂くPC環境によって多少異なりますのでご了承ください。
¥20,000
お気に入りリストに追加する
You have successfully subscribed!
This email has been registered
ico-collapse
0
最近見た
商品
ic-cross-line-top
Top
ic-expand
ic-cross-line-top