身近な存在の「麻の葉」

今回は吉祥文様のなかでも、よく目にする「麻の葉文様」についてお話しします。

正六角形の内側に六つの菱形が放射状に広がる幾何学模様で、麻の葉に形が似ていることから「麻の葉文」と呼ばれるようになり、麻の葉文様には邪気を払う力があるとされています。

麻は成長が早く丈夫なことから、子供が健やかに成長するようにと願いが託されるようになったそうです。そして、昔は赤ちゃんに厄除け・魔除けの願いを込めて、麻の葉文様の産着を着せていました。

また、麻は神聖なものとして厄除けやお祓いに使用されるなど、神仏に深くかかわりがあり、魔除けとして使われてきました。

想いがとても詰まっていて、大切な人を守ってくれる「お守り」のような文様ですね。