『浅葱色』

 

浅葱色、蓼藍で染めた明るい青緑色のこと。

浅葱とは薄い葱の葉に因んだ色で、平安時代にはその名が見られるようになりました。

日本の伝統色の中でも「浅葱」が付く色名は数多く、
『水浅葱』『花浅葱』『錆浅葱 』『鴇浅葱』『薄浅葱』など、
様々な派生色が存在する程身近な色として親しまれてきました。

浅葱色は幕末に新撰組のダンダラ模様の羽織の色として使用されたことでも有名で、
伝統色の中で最も人気の色の一つといえます。

その涼し気な色から現代でも風鈴などの夏物に数多く用いられています。

今夏はそんな伝統色と粋に過ごしてはいかがでしょうか。