『撫子色』

撫子色、撫子の花のような少し紫みのあるピンク系統の薄い赤色のこと。
撫子はナデシコ科の多年草で、秋の七草の一つとしても有名です。
平安時代には襲の色目の1つとして若者の色とされており、
源氏物語の宿木の巻にも色名としてその用例が見られます。

撫子の名前は、
小さくてかわいい花を愛児に擬して"撫でし子"からきており、
撫子という色名の語感には女性的な優しさや華やかさに加え、
可憐な野の花の風情が込められており、
現代でも日本女性の美の代名詞にもなっています。
大切な女性への贈り物に最適な伝統色です。